循環器内科

循環器内科を受診される方へ

循環器とは血液の循環にかかわる臓器である心臓と血管のことであり、循環器内科は、主に循環器の病気を扱う専門科です。

循環器内科で扱う病気は、虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)、心臓弁膜症、不整脈、心筋症、心筋炎、心不全、大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、頸動脈硬化症など様々です。
特に虚血性心疾患、心不全、大動脈瘤や動脈硬化症は、加齢現象と、糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満、高尿酸血症、腎機能障害(慢性腎臓病)などの生活習慣病が複雑に絡み合って発症することが多いため、早めの対策が重要です。

以下のような症状がおありでしたら、お早めにご相談下さい。

  • 胸の痛み、胸の圧迫感、胸の絞扼感(締め付けられるような感じ)、胸の何とも言えない不快感
  • 息切れ
  • 動悸(胸がドキドキする、ドキッとする)、息が詰まるような感じ
  • 足や顔のむくみ
  • 手が冷たく、じとじとした感じ
  • めまい、ふらつき、立ちくらみ、目の前が暗くなる感じ
  • 背中の痛み、腰の痛み
  • 歩行時のふくらはぎの痛み(間欠性跛行)、安静時の足の痛み、足の冷え

特に体を動かすときに症状が現れる、または強くなるのが循環器症状の特徴です。

循環器内科を受診される方へ

動脈硬化(動脈硬化症)について

循環器疾患の多くは動脈硬化が基礎となって現れます。動脈硬化とは、体のすみずみまで栄養を行き届かせている動脈の弾力性が失われ、硬くなることです。動脈硬化は正常な加齢現象ではありませんが、年とともに動脈の弾力性が失われることは事実です。

動脈硬化を起こした血管は、拡大する場合と、狭くなる場合があります。
動脈がある程度以上拡大した状態を動脈瘤とよび、大きくなるほど破裂する危険性が高くなるため、手術などの治療を受けなければなりません。

動脈が狭くなる(狭窄を生じる)と、その動脈が栄養している組織に血液不足を生じますが、このような状態のことを「虚血」と呼びます。一時的な(一過性の)虚血が心臓に起こると「狭心症」を生じ、脳に起こると「一過性脳虚血発作(TIA)」を生じ、足に起こると「間欠性跛行」を生じます。

また、動脈が完全に詰まってしまうと高度の血液不足により組織が死んでしまいますが、このような状態を「梗塞」とよびます。梗塞が心臓に起こるのが「心筋梗塞」であり、脳に起こるのが「脳梗塞」です。
動脈硬化の危険因子には種々の生活習慣病が含まれますが、それらについては別の個所で触れます。

心筋梗塞、狭心症

心筋梗塞は、心臓を栄養する動脈(冠動脈と呼びます)が、血のかたまり(血栓)で詰まることによって発症します。発症してすぐの「急性心筋梗塞」と時間がたった「陳旧性心筋梗塞」に分類されます。

急性心筋梗塞では、突然激しい胸の痛みを生じ、冷や汗や死の恐怖を伴います。重症の不整脈を発症し突然死する危険性がありますので、すぐに救急車を呼ぶのが原則です。自動体外式除細動器(AED)による治療を必要とすることもあります。

しかし、胸の痛みがあまり強くないことや、みぞおちのあたりが痛むこともありますから、救急車を呼ばないまでも、いつもと違う痛みを感じた場合には速やかに近くの医療施設にかかることが大切です。

心筋梗塞は急性期を乗り切って一応治った陳旧性心筋梗塞でも、合併症(心不全、不整脈など)の管理や再発の予防のために通院と生活上の注意が必要です。

狭心症は、発作的に胸が痛くなる状態のことです。狭心症にはいろいろなタイプがあり、大きく、不安定狭心症、労作性狭心症、冠れん縮性狭心症に分けられます。

不安定狭心症は、急性心筋梗塞と同様に冠動脈に血栓ができて起こる状態で、「急性冠症候群(ACS)」として救急的治療が必要な状態です。

労作性狭心症は、階段や坂道を登るときなどに胸のあたりに押される感じや締め付けられる感じを生じ、少し休むと症状がなくなるという発作を繰り返す状態です。通常、症状は軽いことが多く、息苦しさを感じることもよくあります。心筋梗塞とは違い、「痛み」というよりは「ちょっとした不快感」であることが多いので注意が必要です。カテーテルによる検査・治療が必要となることが多いため、診断の疑いが強い場合には専門施設を紹介いたします。

冠れん縮性狭心症は、冠動脈がれん縮(けいれん)を起こして狭くなることにより生じるタイプの狭心症です。日本人に多いとされ、夜中の2~3時ころに胸が痛くて目が覚めるというのが最も多い発作パターンですが、運動時に発作を起こすこともあります。また、寒さや過呼吸が発作の引き金となることもあります。カテーテル検査等で普段の冠動脈に狭いところがないとわかった後は、薬による治療が主体となります。薬を途中で絶対にやめないことが肝心です。

急性心筋梗塞、狭心症以外にも胸が痛くなる病気はたくさんあります。それらの中には循環器に問題がある場合とその他の臓器に問題がある場合があります。当クリニックの院長は特にこの件について豊富な経験を有しています。

胸の痛みがありながら冠動脈に狭いところのない患者さんは、予想以上にたくさんいらっしゃいます。このような患者さんは冠動脈の機能的異常を伴う場合から、神経症まで幅広く、「狭心症類縁疾患」または反対に「心臓神経症類縁疾患」と呼ばれます。冠動脈造影では見えない細い動脈の異常、僧帽弁逸脱のような軽い弁膜症の関与などが提唱されていますが、いまだ謎の多い領域です。中高年の女性や若い男性に多く、症状が気になりながら誰にも相談できず悩んでいる、大きな病院を受診したが問題ないと言われた、という方がいらっしゃると思います。そのような方は是非受診してください。できるだけ良い解決策を考えたいと思います。

急性心膜炎という心臓を取り囲む膜の炎症でも胸が痛みます。かぜのような症状(鼻水、のどの痛み)に引き続いて、胸の痛み(深呼吸をすると強まります)が現れます。通常は自然に治る病気ですが、まれに大量に心膜液(心臓の周囲の液体)がたまったり、心筋炎を合併することがありますので、心エコー図検査を受けることが勧められます。

心臓以外の病気でも胸が痛むことも頻繁にあります。消化器(食道、胃、胆のうなど)の病気、肺の病気(肺がん、肺炎、胸膜炎など)、背骨や肋骨の病気などです。しかし、緊急性においては、心臓の病気が第一なので、まずそれを否定する必要があります。心臓以外が原因である場合で、専門的診療が必要なときには、適切な施設を紹介いたします。

心不全

心臓は血液を全身に循環させることができる精巧なポンプです。心不全とは、心臓のポンプ機能が低下することにより全身に現れる様々な症状の集まり(「症候群」と呼びます)です。

心不全の症状としては、息切れ、むくみ、疲労感、倦怠感、むくみなどがあげられます。「階段や坂道をのぼると息が切れる」、「足や顔がむくみ体重が増える」、「少し動いただけでも疲れやすい」のような症状がある場合には、心不全である可能性が疑われますので是非受診してください。

息切れを自覚しても、「年のせいでは」、「運動不足のせいでは」と軽く考えがちです。「同年代の人と歩いていると遅れがちである」場合には初期の心不全である可能性があります。

心不全は症候群ですから、種々の心臓病が原因となります。ここで大事なのは、手術やカテーテル治療が必要な病気が潜んでいないか早急に見抜くことです。上にも書きましたが、狭心症の発作時に心不全症状として息切れが出ることはよくあります。また、大動脈弁が狭くなる病気(大動脈弁狭窄症)でも息切れはよくみられる初期症状です。

最近増えているのは、高齢者の心不全です。原因は未だに不明ですが、左心室の拡張が障害されることによって発症すると考えられています。軽い息切れやむくみのみが症状である場合がほとんどですが、夜中に急に息苦しくなって我慢できなくなり、救急車で運ばれるようなケースもあります。薬物療法とともに生活上の注意が必要です。また、ご家族など周囲の方々のサポートも大切です。

心不全以外にも、息切れやむくみを起こす病気はたくさんありますが、心筋梗塞、狭心症のところにも書きましたように、まず「心臓病が原因ではない」、すなわち「心不全ではない」ことを診断することが大事です。当クリニックにはそのためのノウハウが多数あります。

不整脈

平常時の脈拍は、一定のリズム(成人では1分間に60~80回)で打っています。脈拍が、速くなったり、遅くなったり、飛んだり、乱れたりする状態を「不整脈」と呼んでいます。

不整脈の症状として多いのは、「胸がどきっとする感じ」、「胸がバクバクする感じ」として表される動悸です。他にも、「息が詰まるような感じ」、「目の前が暗くなるような感じ」など様々な症状が起こります。また、症状はなくても、健康診断や人間ドックで不整脈を指摘されることは頻繁にあります。

不整脈には多くの種類がありますが、よく見られるのは期外収縮、心房細動、房室ブロック、洞不全症候群(SSS)です。

期外収縮には、上室期外収縮と心室期外収縮があります。特に心配のないことがほとんどですが、心臓の構造や機能に大きな異常のないことを確認する必要があります。刺激物やアルコールを減らすなどの生活上の注意も必要です。

心房細動は現在大きな問題となっている不整脈です。それは、心房細動になると左心房の中に血栓を生じ、その血栓が全身の血管に詰まって脳梗塞などの重大な合併症を引き起こすからです。心房細動になると動悸を感じることが多いですが、無症状であることも多々あります。心房細動患者さんの中でも血栓ができるリスクが高い方は、血液が固まるのを抑える薬(抗凝固薬)を飲む必要があります。抗凝固薬にはいくつか種類があり、それぞれ利点と欠点があります。当クリニックの院長はこの点についても十分な経験を積んでいます。健康診断などで心房細動を指摘された場合は、早急に受診してください。

心房細動については薬による治療だけではなく、カテーテル治療も盛んになってきています。必要な場合、ご希望がある場合には適切な施設にご紹介いたします。

房室ブロックと洞不全症候群はともに高齢者に多い病気で、基本的に脈が遅くなるのが特徴です。ふらつき、目の前が暗くなる感じ、倦怠感、息切れ、むくみなどの症状を引き起こします。ペースメーカー治療が必要となる場合がありますので、適宜専門施設にご紹介いたします。

弁膜症

心臓には4つの部屋があり、各部屋の出入り口には血液が逆流しないように弁がついています。心臓弁膜症とはこれらの弁が正しく機能しなくなった状態であり、弁が硬く狭くなった状態を狭窄症、きちっと閉じないで逆流が生じた状態を閉鎖不全症(または逆流症)といいます。

最近多い弁膜症は、大動脈弁狭窄症、僧帽弁閉鎖不全症、大動脈弁閉鎖不全症です。初期の段階では無症状で、健康診断時やその他の目的で医療機関を受診した時に心雑音を指摘されて見つかる場合がほとんどです。最初は内科的に経過を見ますが、症状や心エコー図などの検査所見が進行した場合には、時期を逃さずに手術またはカテーテル治療を受ける必要があります。この場合にも適切な施設をご紹介いたします。

閉塞性動脈硬化症(ASOまたはPAD)

足に行く動脈が動脈硬化により狭くなって生じる病気です。最初は、歩いているときにふくらはぎが痛くなり、立ち止まって休むと痛みが軽くなる、「間欠性跛行」という症状が出現し、その後安静時(特に夜間)にも足が痛くなったり、冷たくなったりします。

閉塞性動脈硬化症の診断には脈波検査が役に立ちます。ABI(足関節上腕血圧比)の値が小さいと動脈が狭くなっていると判断します。その後に必要な検査(MRA、造影CT)については適切な施設を紹介いたします。

軽い場合には薬が効きますが、重くなるとカテーテル治療や手術が必要となりますので、治療可能な施設に紹介いたします。

大動脈瘤、大動脈解離

大動脈瘤とは、主に動脈硬化が原因で大動脈が拡大した状態です。ある一定の大きさを超えると破裂の危険性が増すため、手術やステントグラフト治療が必要となりますが、それ以前は血圧コントロールと定期的検査で対応します。破裂の危険性が高まったと判断される場合には、早めに治療可能な施設に紹介いたします。

大動脈解離とは、大動脈の壁が裂けてしまう状態で、重篤な血管の病気です。解離も動脈硬化で起こることがほとんどですが、先天性の血管疾患(マルファン症候群など)が原因となることもあります。症状は非常に強い背中、胸や腰の痛みであることが多く、救急車を呼ぶことが一般的ですが、症状が軽く普通に外来を受診される方もいます。気になる背中の痛みがあって心配な場合にはご相談ください。

深部静脈血栓症、肺塞栓症

深部静脈血栓症(DVT)とは、足の静脈に血栓ができた状態で、一般に「エコノミークラス症候群」と呼ばれていた病気のことです。長い間座っていたあとに足(多くは左右どちらか)がむくみ、痛む場合にこの病気を疑います。診断には、Dダイマーという検査値と血管エコーが役に立ちますが、いずれも当クリニックで施行可能です。重い場合には入院が必要です。また、一定期間、抗凝固薬を飲み続ける必要もあります。

肺塞栓症(PE)とは、主に足の静脈にできた血栓が肺の動脈に詰まることにより起こる病気です。息切れ、動悸、失神などの症状が現れますが、はっきりしないため診断は困難です。重症な場合には緊急治療が必要です。深部静脈血栓症の診断法に加えて、心電図と心エコー図が役に立ちます。



Mobile携帯からもご覧になれます。

患者の気持ち 3分でかかりつけ医を探せて相談できる。

  • Topへ